聞こえが悪い

難聴は、聞こえにくい、という自覚症状がある病気です。
自分で気づく事がなければ、なかなか発見の難しいものです。
また、難聴になると何度も聞き返したり、聞き間違いをして上手く話が咬み合わないこともあります。
しかし今は治療や補聴器の技術が進歩しています。適切な治療を受けたり補聴器を活用したりすると、通常の人となんら変わりなく生活する事が可能なのです。

難聴の症状として最も挙げられるのは、やはり「聞こえづらい」ということです。その他にも具体的な症状が出る事があります。
1つ目に、高い音が聞きづらいという事です。
高齢者に多いと言われる症状で、年を重ねるほど高い音(周波数)が聞こえなくなると言われています。
また、雑音の中から、必要な言葉だけを選別して聞いているというのも、聴力によるものなのです。
聞きたい会話があるのに、上手く聞き分ける事が出来ないといったことも、難聴の症状として挙げられます。
さらに、早口の会話が聞き取れないという事も、難聴の症状に含まれます。

難聴かどうかの判断は、耳鼻咽喉科などでの検査を行う事によってわかります。
幼少期であれば、小学校就学前などに一度行います。
小学校などの義務教育を行う間は、聴覚検査は年に1回行うものなので、安心です。
大人になってからだと、定期健康診断などで実施されます。
定期的に受ける事がベストですが、もしおかいしいと感じる事があれば早めに病院を受診するようにしましょう。

まずは検査から

補聴器をつけるには、まず検査を受けることが大切です。その検査によって難聴の程度、補聴器が必要なのかどうか知ることが出来ます。自分の耳に合わせた補聴器をつけるために、自分の症状を知ることから始めましょう。

Read more »

症状を知る

難聴には伝音、難聴、混合性といった種類があります。補聴器、人工内耳を使ったもの、鼓膜を形成する手術などの治療で改善していきます。補聴器で聞こえを良くして、会話を楽しみましょう。

Read more »

得られる効果

補聴器は日常生活の様々な場面で役立つものです。難聴の人にとって、学校や、仕事などをする場合などに欠かせない補聴器。目立たない小さいタイプが人気で、その他にもカラフルでデザイン性に富んだ種類もあります。

Read more »

選び方

難聴の方にとっては、補聴器は生活の上でとても重要なものです。専門店で補聴器を選ぶ際のポイントや、レンタル、お試しの出来る補聴器などがあり、自分にあったタイプの補聴器を選ぶことが出来ます。

Read more »

オススメリンク