選び方

補聴器を選ぶときには、自分に合ったものを選ぶことが重要です。
ポケットタイプや耳かけタイプ、耳穴タイプがあります。
ポケットタイプは大きめのサイズで、操作が簡単に行えます。費用もあまりかからないので経済的です。
耳かけタイプは種類がたくさんあります。様々な難聴の程度に対応することができます。電池交換も簡単なので使用している人も多いのです。
耳穴タイプは、小さくて目立ちにくいのが特徴です。メガネをかける人にとっては邪魔になることもなく、軽いため疲れにくいです。

補聴器を購入するとなると、結構なお金がかかってしまうこともあります。そんなときはレンタルしている補聴器を利用することも検討してみてはいかがでしょうか。
突発性難聴など、急になってしまった場合は購入をためらうことも多いでしょう。補聴器をレンタルすることで簡単に使うことができます。
また購入するときは、実際に使ってみないと、その補聴器の良さや自分に合っているものなのかわからないこともあります。
本当にその補聴器が自分の難聴の程度に合っているのか確認するためにも、お試しで使ってみることもできるのです。

もし片耳だけ難聴になってしまったとき、多くの人はその耳にだけ補聴器をつけることでしょう。
しかしそれよりも、両耳につけるほうが良いのです。
なぜかというと、片耳のみにつけていると音量を大きくしてしまい、耳への負担が大きくなってしまうからです。そのため疲れやすくなることも増えるでしょう。
逆に両耳につけることで、方向感覚も良くなります。小さい音量でも聞こえるため、耳への負担も軽くなり疲れにくくなるのです。
難聴者によってつける補聴器もそれぞれ異なります。どの補聴器が良いのかしっかり相談して選びましょう。