症状を知る

耳は外耳、中耳、内耳と分かれており、どこに障害が起きるかによって難聴の種類が異なります。
外に出てる耳から鼓膜までの部分を外耳、鼓膜から蝸牛と言われる音を神経の信号に変換する部分の前までを中耳、その蝸牛から神経の前までを内耳とされています。
外耳と中耳で炎症や障害が起こった場合に起こるものは「伝音難聴」、内耳や聴神経、脳などの障害で起こるものは「感音難聴」と言われています。
そして、この両方を併せ持つ難聴が「混合性難聴」です。どちらの比率が高いかで、症状も人により異なります。
伝音難聴の場合は、外耳に耳垢が溜まっていたり、中耳が炎症を起こしていたり、鼓膜に穴があいているということが考えられます。
手術や薬で治療を行うことによって治ることが多いです。補聴器を使用することでも聞こえが良くなるため、聞こえにくいという人にとってとても役に立つことでしょう。

感音難聴の場合、蝸牛部分の障害によって起こることが多いです。成人の突発性難聴などはこの感音難聴に含まれます。
高い音、低い音が聞こえない、音の感度が悪くなるなどの症状が現れます。
補聴器で聞こえを改善することはできますが、100%回復するということは難しいです。
しかし症状が出てから早めに治療を行うことで、より改善することができるのです。
自分に合った補聴器をつけ、難聴を少しでも良くしましょう。そのときに、聴能トレーニングをするとより補聴器が役立つようになります。